熊谷真喜も大活躍~専門弁護士はとっても力強い味方~

木槌や天秤など

借金も引き継ぐ

弁護士

手元にお金が無い方は支払いが滞ってしまった時に金融機関からお金を借りることがあります。最近の金融機関は即日で借り入れることが可能なためとても便利ですが、借金が残ってしまい毎月返済しなくてはなりません。少額なら負担になることはありませんが、数百万単位で借り入れてしまうと返済出来ない場合があります。また、借金は自分が借りていなくても自分に支払い義務が生じる場合があります。それは、相続による借金の引き継ぎです。親や兄弟が借金をしていて亡くなってしまった場合、財産の相続の時に借金まで引き継いでしまうのです。たとえ本人が認知していない借金でも返済の義務が生じてしまうので、そんな時には弁護士に相談するようにしましょう。弁護士は相続放棄の手続きを行ってくれるので借金を放棄することが可能となります。しかし、ここで気をつけたいのが相続放棄には期間制限があるということです。相続することを知って3ヶ月を越えてしまうと相続放棄の手続きが出来なくなってしまうので気をつけましょう。手続きが出来なければそのまま借金を引き継いでしまうことになります。

相続放棄の手続きはとても面倒ですが、弁護士に依頼すれば弁護士が全て終わらせてくれるので手間が掛かりません。しかし、相続放棄の申述は一度しか認められていないのでその点には注意しましょう。たとえ受理されなくても相続放棄をもう一度申述することは不可能なので慎重に行うようにしましょう。

Copyright©2015 熊谷真喜も大活躍~専門弁護士はとっても力強い味方~ All Rights Reserved.